医療法人社団蘇生会 蘇生会病院

お問合わせ電話番号:075-621-3101

文字の大きさ

一般事業主行動計画

ホーム > 病院概要 > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

当法人は「一般事業主行動計画」を以下のように策定しております。

【次世代育成支援対策推進法】

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  • 1 計画期間 平成29年4月1日から平成32年3月31日までの3年間
  • 2 内容

    目標1  計画期間内に、育児休業の取得状況を次の水準以上にする。

    男性社員・・・年に1人以上取得すること。
    女性社員・・・取得率を80%以上とすること。

    対策

    平成29年5月
    男性も育児休業を取得できることを周知するため、管理職を対象とした会議にて案内を実施
    平成29年度~
    育児休業中の社員に対して職場復帰のための施設の情報を複数回通知する

    目標2  計画期間内に年次有給休暇の取得率を、60%以上とする。

    対策

    平成29年度~
    施設内連絡網(LAN、FAX)を活用した周知・啓発活動の実施

【女性活躍推進法】

女性が長く活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  • 1 計画期間  平成28年4月1日~平成30年3月31日
  • 2 課題

    すでに全体的に女性が十分に活躍している職場ではあるが、看護職・介護職以外の常勤医療従事者の男女の平均継続勤務年数に基準値以下の差異がある。男性の9.5年に対し女性は5.9年であり、男女比では62.1%である(70%以上が基準)。全体では男女比88.8%で基準を大幅にクリアしているが、特定の職種以外でも平均勤続年数をさらに延ばしていき、職員を定着させる努力が必要である。

  • 3 目標

    看護職・介護職以外の常勤医療従事者の男性の平均勤続年数に対する女性の平均勤続年数の差の比率を70%とし、全体でも90%以上とする。

  • 4 取り組み内容

    全職員にとって、よりいっそう働き易い職場環境にするため、以下の取り組みを行う。
    ・セクハラ・パワハラ等ハラスメント関連の防止規定の策定
    ・ハラスメント対応窓口担当者の研修の実施
    ・管理職向けのハラスメント研修の実施

ページ上部に戻る