医療法人社団蘇生会 蘇生会病院

お問合わせ電話番号:075-621-3101

文字の大きさ

病院指標

ホーム > 病院概要 > 病院指標

平成27年度 蘇生会総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 25 46 69 161 259 602 1005 791 303
平成27年度に当院を退院した患者さまを年齢階級別に集計しています。
年齢は入院した時点のものを使用しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
胸部心臓血管センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 132 3.39 3.07 5.3 68.17
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 85 5.18 4.87 0 70.72
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 26.91 18.3 3.7 83.91
狭心症等に対する心臓カテーテル検査入院が132人と最も多く、
狭心症等に対する冠動脈形成術入院が85人、
心不全入院が54人となっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 83 29.98 14.34 3.61 79.36
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 30.94 21.69 10.94 85.2
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 42 20.05 12.6 7.14 76.21
大腸ポリープで内視鏡的結腸ポリープ切除術を行った患者さまは短期滞在等手術入院料3のため除外されています。(220人)

転院率には当院の介護療養型病棟へ転棟したものも含みます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 77 74.6 28.7 5.19 80.53
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 39 49.82 21.52 5.13 79.41
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病 なし 14 17.5 13.49 0 54.71
大腿骨(近位端)骨折に対して人工骨頭挿入術もしくは骨折観血的手術を行った患者さまの平均在院日数は74.6日となっていますが、
一般病棟で急性期治療を行った後、回復期リハビリテーション病棟へ転棟しリハビリ治療を行うため日数が長くなってます。
一般病棟のみの平均在院日数は27.2日となっています。
胸椎、腰椎骨折も同様で、一般病棟のみの日数は17.9日となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 58 30.78 18.08 0 73.48
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 8.88 7.03 0 64.81
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 16.06 7.52 0 62.63
脳梗塞に対してエダラボンと言われる脳保護薬を用いて治療した患者数が58人と一番多くなっています。
回復期リハビリテーション病棟へ転棟される患者さまも多く、30.78日と日数が長くなっていますが、一般病棟のみの平均在院日数は14.1日です。

脳腫瘍に対するサイバーナイフ治療目的入院はDPC包括対象外のため上記人数から除外されています。(32人)
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 14 4.29 6.72 0 38.5
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 7 9.17 20 63.3
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.96 - -
鼡径ヘルニアで鼠径ヘルニア手術を行った患者さまは短期滞在手術等入院料3のため除外されています。(15人)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 34 10.41 7.99 2.94 72.97
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 12 9 8.62 0 64.5
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 11.08 - -
白内障で水晶体再建術を行った患者さまは短期滞在手術等入院料3のため除外されています。(542人)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.69 - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.03 - -
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19 - -
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 12.66 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2 なし - - 31.95 - -
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 - - 10 - - 1 7,6
大腸癌 - - 10 - - 1 7,6
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - 1 6
肝癌 - - - - 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成27年度の初発5大癌のUICC病気分類ならびに再発患者数を集計しました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 21.57 51.5
重症度 1 28 16.21 81.25
重症度 2 34 31.85 81.41
重症度 3 31 41.94 86.97
重症度 4 10 28.4 89.1
重症度 5 - - -
不明 - - -
家庭での生活で発症した肺炎の患者さまについて重症度別に集計したものです。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 3.82 76.64 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 112 69.09 75.6 8.55
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 10 4.9 73.5 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
平成27年度 脳梗塞の病型別の患者数を集計しています。
脳梗塞の平均在院日数は長くなっていますが、回復期リハビリテーション病棟の日数も含まれています。一般病棟のみの平均在院日数は24日となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 等 542 0.27 1.19 0.37 75.15
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 61 0.41 8.97 0 71.66
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 14 0.71 5.64 7.14 78.86
当院では白内障に対する水晶体再建術が紹介患者さまも含めて542人と多くなっています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 等 221 0.23 1.29 0 66.84
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 等 20 0.9 8.05 0 74.1
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 等 16 0.75 1.19 0 62.25
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 73 3.71 67.9 6.85 79.97
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 23 2.48 19.7 0 48.22
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 17 2.24 18.65 0 56.53
大腿の骨折観血的手術を行った患者さまの平均術後日数は67.9日となっていますが、
一般病棟で急性期治療を行った後、回復期リハビリテーション病棟へ転棟しリハビリ治療を行うため日数が長くなってます。
一般病棟のみの平均術後日数は27.8日となっています。
胸部心臓血管センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 75 3.49 5.07 0 72.77
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 28 0.18 22.07 0 73.11
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 17 4.29 20.18 0 84.82
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 15 0.27 3.07 0 69.27
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 15 2.2 7.8 0 63.07
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 22 1.32 29.59 0 65.05
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 0.76 11 11.76 74.41
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
脳動脈瘤や脳動静脈奇形等の血管異常に対して血管内手術用カテーテルを用いて行う脳血管内手術が22人となっています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
- - - - - - -
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 15 0.46
異なる 11 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.89
異なる - -
手術・処置等の合併症の内訳は、
透析シャント狭窄・水晶体核落下、眼内レンズ脱臼等・
術後感染症・内視鏡治療後の出血・薬物性ショック・VPシャント不全
に対するものとなっています。
更新履歴
2016/9/28
「病院情報の公表」に係る病院情報について、厚生労働省保険局医療課指定の病院指標公開ページ作成ツールを使用して公開。

ページ上部に戻る