ページのトップへ移動

department

診療科・部門

TOP / 診療科・部門 / センター / 画像診断センター

基本情報

画像診断センターの紹介

当センターは本館1階に、胸腹部や骨などの撮影を行うX線装置2台と、主に胃や大腸の撮影を行うX線透視装置1台、乳房専用X線撮影装置1台、超音波検査装置1台、骨密度測定用X線撮影装置1台、3.0テスラ及び1.5テスラの高性能MRI装置計2台、心臓血管検査にも対応する64列X線CT装置1台、認知症や心臓機能、腫瘍検索などを行える核医学検査装置1台を設備しています。

本館4階には全身の血管を検査する血管造影X線撮影装置1台を設置しています。

東新館には64列X線CT装置1台、血管造影X線撮影装置1台を設置しています。

各装置ごとに数人のチーム制を採用しています。その中でもCTとMRIでは専従技師制度を採用して年々高度化する検査に対応しています。

放射線科医

放射線科医の業務は多岐にわたっており、全ての臓器やほとんどの疾患を対象とした画像診断、血管カテーテル術による治療法であるIVR、放射線治療に分けられます。画像診断において、放射線科医は、各科の先生に最先端の診断技術を紹介し、疑われる疾患に適切な診断方法を助言します。放射線技師には、診断に適した画像が得られるよう、使用装置、検査方法を指示します。精密な手技を伴うものについては放射線科医が検査を直接行います。そして最終的に画像診断報告書を作成します。IVRや放射線治療により病気の治療にも携わっており、放射線科医の行う侵襲性の少ない(体により優しい)治療法は、近年注目されてきています。

担当医: 金子 昌信  岩谷 健二郎  中川 賢一

検査を依頼される医師へ

検査のお申し込みは、放射線科受付まで電話にてお問い合わせ下さい。検査時に食事制限や前処置が必要な場合がありますので、予約時にご確認下さい。

お問い合わせ

TEL: 0570-071-101(代表) 内線1030

蘇生会総合病院 画像診断センター

診療科・部門一覧に戻る