ページのトップへ移動

department

画像診断センター

TOP / 診療科・部門 / センター / 画像診断センター / 血管造影検査

血管造影検査は、全身のさまざまな血管にカテーテルという細い管を通して造影剤を注入し、血管そのものやがんにつながる血管を調べたりする検査です。また治療のために血管内に薬剤を注入したり、腫瘍へつながる血管を塞いで腫瘍の縮小をはかったり、心臓の血管の狭窄した場所を拡張する治療も行われています。 当院では最新式血管造影装置PHILIPS Allura Xper FD 20を導入。3D血管撮影が可能になりあらゆる角度から立体的な血管の観察が可能になりました。さらに搭載されたXperCTによるCT撮影が可能でCT画像と血管像を合成させられるようになり、頭部血管内治療などに大きな役割を果たしています。

脳動脈瘤の治療例

従来

開頭 クリッピング法
   コーティング法
開頭するため患者さんの負担が大きい

近年

頭部Anglo 血管内よりコイル塞栓術
血管内からアプローチするので低侵襲で患者さんの負担がかなり軽減される

BrainAneurysm.jpより転載

動脈瘤によるコイル治療

治療前

治療後

冠動脈ステント留置術

治療前

治療後

アブレーション

下肢造影

上肢造影

心臓 冠動脈造影写真

診療科・部門一覧に戻る